「おなら(ナンバープレートには、おならを連想させるへは使われていないそうです)が出るのは健康な証拠」というのを耳にした事があるんでしょう?おならは我慢すると身体の為によくないため、ためずに出しなさいという意味でも、「おならは健康な証拠(男性の浮気などは、女性の第六感の方が正確に察知するかもしれませんね)」と言われていたと言われています。しかし、現在では、そうとばかりはいっていられなくなっているのです。例えば、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)はおなら(ナンバープレートには、おならを連想させるへは使われていないそうです)を増やすといわれているようです。ストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)はそれ自体では即病気(先天的なものも少なくないでしょう)といえるものではないのですが、いろんな病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)となる事が知られていることでしょう。それに、便秘(長く続くと免疫力が落ちてしまうでしょう)もおなら(欧米では、おならをするより、げっぷをする方が失礼なんだとか)の量がふえる原因です。便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)も余程ひどくない限りは病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)とは言えないと思いますが、やっぱり色々な悪影響を与えます。また、意外なんですよが、便秘(女性に大腸がんが多いのは便秘が原因とも考えられているようです)とは真逆の下痢(軟便ともいいます)を繰り返す過敏性大腸炎という病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)でもガスが増えるなのです。一番怖いのは、大腸がん(全体の95%が腺癌だといわれています)です。大腸がん(食生活の変化などに伴って、日本でも二番目に多い癌となりました)の際でも、便が出にくくなったりしますからにおならの量が増えます。おなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)の多くは、食事の時に摂取してしまう空気です。でも、食物を消化するにあたってもガスが発生するので、胃腸などの消化器官になんらかの異常があったり、胃腸の働きを阻害する交感神経の働きが鈍ったりすることで、おなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)の量が増えるかもしれません。おなら(ナンバープレートには、おならを連想させるへは使われていないそうです)の量が増える事は、誰にでもあるということです。ただ、それが一過性では無くて長く続き、食事内容の改善などを行なっても改善しないような場合には、なんらかの病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)を疑ったほうがいいでしょうねー